Free Tibet


by itarufox
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

えふゅーじょんあまがさき/エフュージョン尼崎

Excite ニュース トップ > 社会ニュース
兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、JR西日本は5日、快速電車が突っ込んだマンション「エフュージョン尼崎」の住民に対する初の説明会を同市で開いた。垣内剛社長が事故について謝罪し、マンションを、購入時の価格で買い取る補償方針を提示。これに対し住民側は「それでは元通りの住環境は取り戻せない」などと反発、方針を受け入れず、物別れに終わった。同社は今後、住民と個別交渉を進める方針だが、難航が予想される。

 説明会には全47世帯から95人が出席。垣内社長は「平穏な暮らしを壊し、誠に申し訳ない。事故の全責任は当社にあり、誠心誠意の補償をする」と陳謝。その後、担当者が、購入価格での買い取りのほか、心身のケアの費用や仮住まいの賃貸住宅の家賃などについても補償する方針を示した。

 住民からは「我々に落ち度はない。それを踏まえて上乗せすべきだ」などの声が相次ぎ、会場は一時、騒然とした。

 同社は安全性向上計画についても説明しようとしたが、
住民側は「誠意が見えない」として全員が退席、説明会は予定時間を残して途中で打ち切られた。

 同マンションは02年11月に完成。2LDK~4LDKで平均購入価格は約2000万円だった。【脇田顕辞】


??..いったいどういうことだろう..??
この条件で住民全員が退席したってことは、
JR側がよっぽど「これだけやるんだから、文句はないだろ」って雰囲気を匂わせたことに
住民側が反発したのだろうか?

あるいは住人側が「こちらに落ち度はないのだから、こちらの願いは全て叶えて貰おう」と
過剰な期待をして、この場に臨んだのに、期待はずれだったのか?

記事しか見てないので、その場の雰囲気はわからない。

でも、私はこの「誠意が見えない」とかいう、観念的な言葉が大嫌いである。
なぜなら、「誠意が見せろ」という言葉は、「こちらの(言外の)希望に全て応じろ」という
言葉に容易に置き換えられるからだ。

もちろん住民側も最初から下手に出るわけにはいかない。
なにしろ、これは関西人同士の交渉であり、相手は海千山千のJRなのだ。
最初は、(自分でもこんなこと言って悪いなーと思うような)最大限の要求から始めなくては、
落ち着くべきところに落ち着かないだろう。
一発目は、全員が退席くらい、かましておかないと舐められてしまう。

その分は差し引いて見ないと、住民エゴと誤解しかねないので注意が必要です。
ここは、関西、大阪、尼崎。そういう風土、文化なのです。
交渉の最初としては、普通な始まりでしょう。
[PR]
by Itarufox | 2005-06-06 00:17 | 日記/WebLog