Free Tibet


by itarufox
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:日記/WebLog( 59 )

新型インフルエンザ

5月、インドネシアの学者は「まるで制御された細菌兵器」だという。
8月、日本でも流行し始めた。

だが、これでいいのだ。

私はこれは実のところ細菌兵器だと思っている。
でも、心ある研究者が、まだ、毒性の弱いウィルスを意図的に流行らせた。
その機関が本命の強いウィルスをだす前に。

毒性の弱いウィルスとはいえ、それで患者もたくさん出たが、
耐性ができて、本命の強いウィルスは意図していたほど効かなくなった。

その機関の目論見は水泡となった。
[PR]
by Itarufox | 2009-08-29 01:50 | 日記/WebLog
Excite エキサイト : スポーツニュース

2000年シドニー五輪陸上女子マラソン金メダルの高橋尚子選手(36)=ファイテン=が28日、東京都内で会見し、競技生活からの引退を正式表明した。理由について高橋は「練習でどう試行錯誤しても、全力でやっても、納得いく走りができなくなった。肉体的、精神的に限界を感じた」と説明。現在の心境について「自分の中では完全燃焼。さわやかな気持ちです」と笑顔で語ったが、会見の最後には感極まって涙を流し、顔を手で覆う仕草を見せた。

 高橋選手は3月の名古屋国際女子マラソンで27位に終わり、北京五輪出場を逃した。今年5月からは米国を拠点に東京国際(11月16日)、大阪国際(来年1月)、名古屋国際(来年3月)の3大会連続出場を目指して練習を積んでいた。しかし、自身が計画したレベルの走りができず、8月下旬ごろから悩んだ末、10月10日に所属先からの了解も得て、3大会に出場せず引退することを決めたという。

 今後について高橋選手は「具体的なことは決めていないが、多くの人に陸上の楽しさを伝えていきたい」と語り、愛好者として走り続けることにも意欲を見せた。【石井朗生】

 【略歴】高橋尚子

 県岐阜商高、大阪学院大を経て95年にリクルートに入り、小出義雄氏の指導で成長。積水化学に移った翌年の98年バンコク・アジア大会で2時間21分47秒の日本最高記録(当時)を出し優勝。00年シドニー五輪で日本陸上女子初の金メダルを獲得し、国民栄誉賞も受賞した。01年ベルリン・マラソンで2時間19分46秒の世界最高記録(当時)を樹立。03年からスポンサーと所属契約を結ぶプロ的な活動を開始した。05年に小出氏から独立。ファイテンに所属して専属スタッフとともに活動していた。163センチ、46キロ、36歳。


ご本人は完全燃焼と言われているが、私からすれば、残念な結末だった。
だって最後はボロボロに見えた。
前の名古屋国際なんて、ニュースを目にするのが辛かった。

前回、アテネ代表に落選したとき、この人のことについて書いた けど、結局、北京も無理でこの日を迎えた。

これでシドニーでの金の価値がなんら棄損するわけじゃないけれど、本当に残念。
引き際は選手自身が決めることだけれども、本当に残念。
どこかにもっとよいタイミングがあったはず。

チームQはどうなったんだろう。本当に残念。
[PR]
by Itarufox | 2008-10-29 00:52 | 日記/WebLog

ぜんこうじ/善光寺

Excite エキサイト : 社会ニュース

仏教としての本来の行動とはこういうものなのでしょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<善光寺>聖火リレーに合わせチベット暴動犠牲者の追悼法要 [ 04月21日 20時40分 ]毎日新聞社

 長野市内で26日に予定されている北京五輪聖火リレーに合わせ、中国チベット自治区などで起きた暴動での犠牲者を追悼する法要がリレー当日の朝、国宝・善光寺の本堂で営まれる。主催する市民団体が21日、記者会見で明らかにした。在日チベット人も参加する見込み。
 追悼法要は、市民団体「チベット問題を考える長野の会」(野池元基代表)など2団体が主催し、善光寺の僧侶ら有志でつくる「平和を願う僧侶の会」(若麻績=わかおみ=敬史代表)協力する。
 若麻績代表は「国や宗教などの差異を超えた平和な世界の実現を訴えたい。国籍を問わず行いたい」と開催理由を説明し、追悼法要はチベット人だけではなく、中国人らも対象にするという。
 追悼法要は26日午前6時半、本堂前に集合し、同7時から本堂で、同団体などが現地の報道などを通じて把握した犠牲者60人以上の名前を読み上げて弔うという。
 野池代表は「非暴力で、平和的に活動を行いたい」と語り、法要後には、新たに決まった出発・点火式会場や沿道などで「チベットに自由を」などの横断幕を掲げる方針。【藤原章博】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

直前の辞退には、政治的だの、長野市に迷惑を...etc。確かに批判はあるだろう。
また、一方では英断と賞賛する向きもあるだろう。

しかし、善光寺とは何者か?それを考えると、答えは明確だ。

善光寺は仏教を護持する集団である。彼らは、僧であり、仏教徒である。
したがって彼らが判断に迷ったときに拠り所とするのは「仏法」である。

時間はかかったのかも知れないが、御仏の教えに従うということが、
どういうことなのか、この企画は善光寺の有志や市民団体によるものなのだが、
彼らはどうすることがよいのか、その答えを出されたのだろう。

というのは好意的な見方で、意地の悪い見方をするのなら、善光寺の全員でなく、一部の有志によるもの、というのが、娑婆世界との折り合いをうまくつけているとも言える。そして、やっぱり横断幕は掲げたいんだよね~。気持ちはわかるから応援するけど、ごつかれさん。
[PR]
by Itarufox | 2008-04-22 01:17 | 日記/WebLog

たわごと/戯言

Excite エキサイト : 社会ニュース

東大生は親離れを 入学式で安藤忠雄氏が喝 [ 04月11日 13時23分 ] 共同通信

 東大の入学式で、新入生らに「親離れを」と話す建築家の安藤忠雄さん=11日午前、東京都千代田区の日本武道館 [ 写真拡大 ]
 東大の入学式が11日、日本武道館で開かれ、新入生の人数を2100人も上回る父母らで埋まった客席を前に、建築家で特別栄誉教授の安藤忠雄さんが祝辞で「親離れをしてほしい」と新入生と父母双方に自立を促す一幕があった。東大入学式は毎年出席希望が多く、会場の広さから関係者は2人までに制限。それでも「3人以上で」などの問い合わせが減らないため、安藤さんが過保護な親子関係に苦言を呈した形。


安藤忠雄さん、って人がどんな人物か知らないが、どうして、「入学式に毎年出席希望が多い」のか、わかっておられないようだ。

もしも、あなたの子や孫あるいは兄弟姉妹など、身内が東大に入学するとき、「東大の入学式を、一度見てみたい」と、あなたは思わないだろうか?

私は、それを特別に不思議なこととは思わない。なぜなら東大は、日本の最高学府としてのブランド力を持っている。そして、それは、私を含めた一般ピーポーに、その入学式に出てみたい、という気にさせるものなのだ。

そこんところを全く理解しないまま、「=過保護」と思い込んだ挙句、「親離れをしてほしい」と、祝辞の席で述べるというのは、どういう感覚なんだろうか。しかも、そこに出席している親御さんの大半は「関係者は2人まで」 という制限を守っているにもかかわらず...だ。

どうやら、この御仁、そういう人たちの気持ちも分からなければ、その大学の持つ評価というものも理解していない、そういう人なんだろうなと思う。

まあ、こういう権威や実績のある爺のたわ言を聞くのも、東大生の試練なんでしょう。
どつかれさん。
[PR]
by Itarufox | 2008-04-12 01:47 | 日記/WebLog

おもいこみ/思い込み

Excite エキサイト : 社会ニュース 性犯罪被害の女性が出産 あいりちゃんの父親と面会


バッサリ切った言い方をするなら、これは単なる思い込み。
と考えるのが、「常識的な大人」。

でも、気に留めるものがありました。

木下あいりちゃんの事件が、この女性の気持ちにどう結びついて出産に至るのか、
その心理のメカニズムは私にはわかりません。

でも、生まれ変わりならいいと思ってしまうのも確かです。
旦那さんのことが書かれていないけど、今度は親子幸せになって欲しいです。
[PR]
by Itarufox | 2007-03-10 02:10 | 日記/WebLog
1.確定していないスケジュール、予想しているスケジュール
  →「ざっくりとしたスケジュール感を教えてください。」
  →「3月に契約して、4月に支払というスケジュール感です。」

2.スケジュールそのもの
  →「4月に支払はわかりますが、4月の上旬なのか中旬なのか、
    その辺のスケジュール感を知りたいんです。」

「安心感」や「危機感」、「不信感」のような、人の気持ちや状態を表す名詞に
「感」をつけただけの往々にビジネスで使われるうっとおしい言葉。
同様の言葉に「規模感」がある。
ビジネスの世界では、スケジュールもそれらの1つなのだと思われる。

使われるようになった理由で考えられる場面として考えられるのは、
ビジネス上の会話で「スケジュールを教えて...」と尋ねた際、
相手もその場では、自社での協議が必要などの理由で、即答できない場合、
「スケジュールは決まり次第、お伝えします」という、ありきたりの回答しかできない。

しかし、これを「スケジュール感」と言い換えることで、
相手がこうしたい、ああしたいと思っているスケジュールを聞くことができるし、
聞かれた相手も責任を負うことなく、自分の思いで、事前に、相手に伝えることができる。
「~感」をつけることで、双方にメリットが生じる。

ただ「スケジュール感」といいながら、当事者のどちらか一方が
スケジュールそのものだと誤解するケースも多いため、
そこには様々な悲喜劇も発生している。
[PR]
by Itarufox | 2007-03-09 01:39 | 日記/WebLog
Excite エキサイト : 芸能ニュース

結婚当時、多くの人々が「うまくいくわけない」というようなアンケートを読んだ記憶があるけど、その通りになった。

結婚したのが、19歳で今24歳。

ルックスや才能、財力等、バツイチであることを除けば、何の問題も無いので、相手には何の不自由もないでしょう。でもおかあさんの運命を反復するような生き方だ。

何のマイナスイメージもない。

でも元旦那の方は大変だろうな。
[PR]
by Itarufox | 2007-03-06 01:47 | 日記/WebLog

YOKOSO! JAPAN

国土交通省によると、
旅行者の数: 日本→海外が約1,600万人。一方、海外→日本が約500万人ってことで、
それを是正する戦略。詳しくはこちら

そのせいか、私の勤務する近くのヨドバシ梅田に寄ったら、外国人の多いこと多いこと、旧正月にあわせて日本に来て頂いているんですね。多分、中国人、韓国人、台湾人、香港人ってところでしょう。(敢えて台湾人、香港人は分けてます。)

ま、USJとかTDLとか行く人多いんでしょうね。日本の旅行を楽しんでください。
でも順番はちゃんと守ってね
[PR]
by Itarufox | 2007-02-21 01:24 | 日記/WebLog
Excite エキサイト : 社会ニュース

この事件、相手が相手だけに、なーーーんとも思わない。
犯人である「西元正治容疑者(29)」に、むしろ、「よくやったね。」
と声をかけたいくらい。

気になるのは今後の裁判、そして、判決である。

殺人で死刑となる基準は、、「被害者の数」であり、
それは2人以上殺したかどうか、と言われる。

この事件は3人である。
この3人が子供ならば絶対死刑だ。一般の市民でも間違いない。
でもこの3人が暴力団員ならどうなるのだろう。
やはり死刑になるのだろうか?

比較対象として、小林薫の裁判とその判決を考えると、
その犯行の悪質性、更生は困難、遺族感情の尊重、社会的影響の大きさなどから、
「被害者が1人であることは死刑回避の理由にならない」という理由だった。

では、この事件ではどうだろう。
1.犯行の悪質性
  悪いには悪いが、手を出したのは相手が先である。

2.更生は困難
  更正は可能。まあ、相手が相手なら再犯もOK!

3.遺族感情の尊重
  やくざの身内がいなくなって、遺族はせいせいとしているだろう。

4.社会的影響の大きさ
  この3人が存命していた場合に社会に与える悪影響を考えると、
  むしろ社会に与えたのは好影響では?

以上の理由から、「被害者が3人であることは死刑の理由にならない」
よって、無罪!

ってわけには行かないだろうが、執行猶予があってもいいような気がする。
なぜなら、と女児1人では命の重さが違うからだ。
[PR]
by Itarufox | 2007-01-14 00:56 | 日記/WebLog
Excite エキサイト : 社会ニュース

私がブログに書いた最初の投稿は向井亜紀のこのことだった。
とうとう最高裁まで行くんだなあ、という気持ちがする。
とはいうものの、代理出産そのものの是非については、
不勉強もあり、本当にわからない。

医学の進歩により、できないことができるのならば、やればいい。
でも、それを認めだすと、ビジネスやあるいは強要されてやらされる、
という恐れもある。

生命の誕生に関わることに人間が手を出していいのか?
という宗教観もわかる。

ただ、そんな難しいことを争うのではなく、
この裁判で争われるのは、出生届に書く親の名を、
1. 実際に出産した米国人女性。
2. 受精卵を提供した向井亜紀。
1.と2.のどちらを正解とするのか?というものと理解している。

品川区の真意としては、2.でもいいんだろうけど、
後々、自分達の責任になると困るので、
最高裁のお墨付きを貰っておこう、という程度のノリだろう。

半ばなんとなく産んでおきながら、虐待して死なせてしまう親もある一方で、
どうしても産むことができない親もいる。法律上の結果はともかく、
もし私が赤ちゃんとして産まれるなら、代理出産であろうがなんだろうが、
大事にしてくれる親の元に産まれたい。
[PR]
by Itarufox | 2006-10-28 03:05 | 日記/WebLog