Free Tibet


by itarufox
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:コンピューター/Computer( 7 )

にふてぃ/Nifty

Excite エキサイト : 社会ニュース

こういっちゃあなんだが、ファイル交換ソフトを使いっ放しでいる手合いは、
ろくなもんじゃない。

どういうファイルを交換しているのか?
著作権というものから、はるか遠くにある重いファイルなのだろう。

道路や回線というものは公共財なのだから、
一部の人間が占有するようなことは避けるべきだ。
よって、大手のプロバイダーが次々と回線の制限をするというのには歓迎だ。

特亜ユーザー、もとい、特別ユーザーは、こういう流れにムッとするのだろう。
でも、一般ユーザーは、ホッとするのだ。
さすがニフティ。
固い。
[PR]
by Itarufox | 2006-03-30 03:59 | コンピューター/Computer

もどる/戻る

ブラウザの左上あたりについているボタン。
これをクリックすると、前見ていたURLに手軽に戻ることができる。

しかし、投稿するときに「送信」ボタンをクリックした後で、
このボタンを使うと、何度も送信されることになる。

その結果、他のブロガーから「なんだ、こいつ何度も送信しやがって」と
冷たい目でみられることとなる。

最後には、こんな風に言い訳を投稿しなければならなくなる。
[PR]
by Itarufox | 2005-01-26 02:04 | コンピューター/Computer

さーばー/サーバー

私の勤務する会社に、和久井君(仮名)という後輩がいる。
いつもは物腰のやわらかい彼が電話口で激怒している。
電話の相手は、最大手の某コンピュータ会社(ⅰ社)のサービスマンだ。

理由はカンタン。その会社が売っているサーバー、Ⅹシリーズが不良品なのに、
サービスマンがそれを認めないからだ。

そのサーバーはエントリーモデルという安価なタイプだが、プレインストールモデルなので、
出荷時に必要なOSやソフトウェアがインストールしてあるから、
箱から開けて電源を入れれば、程なく動作するという便利なものなのだ。

しかし、そのサーバーが稼動後一ヶ月としないうちにハングして動かなくなってしまう。
和久井君はいろいろ調べ、あれやこれや対応し、メーカーであるⅰ社にも質問しました。

和久井君     :「~というメッセージが出て動かなくなるんです。」
ⅰ社サービスマン:「ああ、それはソフトウェアの問題ですね。そちらに問い合わせてください
            (と電話を切ろうとする。)」
和久井君     :「ええっ!?でも、そのソフトは最初から導入されているんですよ」
ⅰ社サービスマン:「それは、USBドライバーの….。」


彼に言わせれば、最初から導入済ソフトの不具合でサーバーが起動しないのなら、
いくらハードウェアメーカーであっても、対処するべきだ、とのこと。

更に調べたところ、実はこれがかなりの問題児で、野球なら不動の首位打者間違い無しと
いう高打率でハードウェアのトラブルが起こっている、というシロモノらしいのなのだ。

そして、ⅰ社のサービスマンも実はそれを知っていながら、いちいち対応しているのが
面倒なので、無償部品交換期間が過ぎるまで、引き延ばしにかかっているのでは?
というのだ。実際、修理を依頼してから1ヶ月半経っても何にも進んでいないという。

私もさすがに、そんな大げさな?と思ったのだが、和久井君は、他部門やグループ会社で
このⅩシリーズを導入してしまっているところが無いかを調べ始めていた。

事実は違うのかも知れない。しかし、彼をここまで追い詰めるとは…。
おそるべしⅩシリーズ!
それだけの何かが、このⅩシリーズにはあるのだろう。
それだけでも十分欠陥品だと思うのだが。
[PR]
by Itarufox | 2004-12-11 02:01 | コンピューター/Computer
a0003204_93426.jpg英語では、the status of
a local area connection。
Windowsのネットワーク接続で
その状態を見ることができる。

驚いた。大量のパケットを
送信しているではないか、
10億、20億は当たり前。
ひどい場合は、40~80億の
パケットを送信している。

1.スパイウェアの侵入を疑い、
スパイウェア検知ソフトで
チェックしても、異常なし。
2.ウィルスチェックをしても、異常なし。
3.ネットワークドライバーを更新して一旦は落ち着いた。

けど、時折、数十億パケット送信していることには変わり無い。
④パーソナルファイヤーウォールのパケットログを見ても異常なし。

でも、もし、このマイ パソコンが、クラッカーどもの踏み台にされているかと思うと
ジリジリとした苛立ちがこみ上げる。

③ネットワークドライバーのアップデートや、⑤Windows Updateもしたけど、
改善の効果は無い。FAQをいろいろ探したけど....ない。
出来る対策はぜーーんぶしたはずだ。

それで、やっと見つけた。これは殆ど偶然なのだが。
WindowsXpを「休止状態」から回復すると、送信パケット数が
表示上40億くらい増加するようだ。どうやら、単なる表示上の問題のようで一安心。
でも、早く修正してくれないと心配だよ。

【追記: 2004-08-28/みっこ さんのコメントを頂きましたので追記します】

3.のネットワークドライバーを、メーカーのサポートページからではなく、
今度はインテルのホームページから、ダウンロードしました。

サポート&ダウンロード → 2.ドライバ / BIOS をダウンロードする
(こちらからダウンロードいただけます) → よくダウンロードされる ソフトウェア / ドライバから探す LAN100 これで、ダウンロードページにたどり着いたので、自分のPCに合うドライバを選択してダウンロードします。
私の場合は、pro2kxp.exe となりました。このプログラムを実行した結果、
ネットワークドライバーのバージョンは6.01.03.14→8.0.11.0 に上がりました。
以降、送信と受信のパケット数は自分が見て納得できるものに落ち着いています。
[PR]
by Itarufox | 2004-06-26 09:35 | コンピューター/Computer

うぃにー/Winny

ファイル交換ソフト、「Winny(ウィニー)」を開発した東京大学大学院情報理工学系の助手、
金子勇容疑者(33)が著作権法違反の疑いで逮捕されました。

あ~すっきりした。
これで通信回線の負荷も減るし、不法コピーもめっきり減るでしょう。
まあ、2ちゃんねるでは、このWinnyの使用者(と思われる)が、ガチャガチャ書き込んで
騒いでいるようですが、威勢のいい戯言に過ぎません。

また、作者は「著作権に対する考え方を改めさせたかった」そうですが、
著作権に対する考え方のどこをどう改めさせたかったのかまでは分かりません。

今後、作者や使用者から、色々ともっともらしい理屈も出てくるでしょうが、
「Winnyというファイル交換ソフトを使いこなせる俺には著作権なんて関係ねーよ」という、
歪んだ特権意識がベースにあるようです。

何はともあれ、
京都府警は、意欲的な対応をしたと思います。ただ、ハッカー達の攻撃でも
受けたのでしょうか、HPは見ることができません。

ただ、後のフォローとして、この容疑者を犯罪者で終わらせるのでなく、
この能力を今度は取り締まる側で発揮して欲しいものです。
[PR]
by itarufox | 2004-05-11 01:06 | コンピューター/Computer
インターネットの掲示板「2ちゃんねる」に3月、
「明日日曜日 中国大使館を爆破します!」という書き込みがあり、
警視庁公安部などがネットの接続業者から通信記録を
差し押さえていたことが分かった。

このニュースを見たときの第一印象は、「読めばいたずらだってわかるだろうに、
わざわざ捜査するなんて、ずいぶん中国の目を気にしているなあ。」
実際、ネットの書き込みを、いちいち捜査していたら、捜査費がいくらあっても
足りないだろう。

近年の状況からして、テロ対策を担当する公安部には相当な予算が割かれており、
3月ということもあるので、2003年度の予算消化のために「余計な」捜査を
したのかな、などと考えたりもする。
予算を余らせるわけに行かないので、道路工事、みたいな。

それとも、公安部では、ネットの書き込みについて、いたずらかどうかの判定を
専門家チームや文章解析システムが行うような仕組みや作りあげており、
その書き込まれた文面は、その可能性が高いと判断されたので、捜査に踏み切った。
空想の範囲だが、もし、そうなら、なかなか、クールな、いい感じだ。

原文はどんな内容だろうかと思い、2ちゃんねるを検索してみたが、
うまく探せなかった。代わりに見つかったのは、様々な犯罪予告の書き込み。
掃除されてない公衆便所、道端の嘔吐物をみたときのような感覚に捉えられる。

警視庁公安部も、こういう書き込みを抑制するために、一発かましたんだろう。
発信者は札幌市内の家電量販店に設置されたブロードバンド体験用の
パソコンから書き込んでいたそうだ。同店の防犯ビデオの解析も
行われているようなので、逮捕される可能性も高いだろう。

まあ、書き込んだ本人にはちときつ過ぎるが、環境浄化・公衆衛生のためにも、
こういう書き込みは逮捕されるものだと、広く知らしめるべきである。
「表現の自由」とか、「通信の秘密」という言葉をこういう手合いに
使ってやる必要はないと思うので、ビシビシやって頂きたい。
[PR]
by itarufox | 2004-04-28 05:57 | コンピューター/Computer

さいきどう/再起動

世界中で最も使用されているパソコン(特にWindows)の問題解決方法。
特に原因不明の場合は必ず実施される。
実際にはパソコンのOSを一旦終了させて、起動をやり直すことを指す。
パソコンの動作が不安定の場合や、パソコンに対して特定の作業実施後に行う。
パソコンの電源を遮断せずに行うことが多い。

http://www.excite.co.jp/News/searched_story/20040330192054/Kyodo_20040330a418010s20040330192101.html

静岡県磐田市市長の長女が26日に行方不明となり、28日から公開捜査され、
30日に無事保護された。事件性は無く、家出のようだ。

こういう事件って時折耳にする。無事に帰ってきたので家族は喜んでいると思う。
でも、2~3日もすると、娘に対して叱責したりするんだろうなあ、と想像する。
行方不明のときには、「無事戻ってきてさえくれれば…」と祈ったはずなのだが。

いたるは、これって、再起動だと思うんだ。

人も頭の中や気持ちの上で、イッパイイッパイになったときに再起動。
同じ型のパソコンでも使い方や置かれている環境で再起動が必要なタイミング、
そのときは人によりバラバラだけど。必要なときにしておかないとフリーズしてしまう。

フリーズしてしまうと、電源を切るしか手がない。

だから、そうなる前に再起動する人はいるし、実際にいた。
その行動は、周囲には理解してもらえないけど、ある意味、正当防衛だと思う。
そのままの状態を続けていれば、何かが危なかったはずだからだ。
それは何かって?わからないよ。
だって再起動は「特に原因不明の場合」に行われるから。
[PR]
by itarufox | 2004-04-01 01:40 | コンピューター/Computer